[後にプレゼントのご案内があります]

突然に始まる親の介護

親の介護は突然にやってきます。

そして、介護がはじまると必ず向き合わなくてはならないのが、お金の問題です。

公益財団法人生命保険文化センターの調べによりますと、介護費用は平均で、介護ベッドなど一時費用の合計が80万円、月々の費用が7.9万円かかるそうです。

このお金を親自身の預金や不動産の売却によってまかなえればよいのですが、それができない場合があります。

それは親が認知症になった場合です。

認知症になると介護も相続も大変!

予測によれば、2025年、今から7年後には65歳以上の5人に1人が認知症患者になるといわれており、誰にとっても認知症の問題は他人ごとではなくなってきました。

認知症の介護では、身体的・精神的な負担はもちろんですが、経済的にも大変になりがちです。

介護度が重くなるので、その分だけ介護サービスの自己負担分も高くなりますし、施設入所も考えなくてはなりません。

それに加えて、認知症の方は自分で財産管理ができないとみなされるため、預金や不動産などの資産が凍結されます。

そうなると実の子であっても親のお金を動かすことはできません。結果として、多額の介護費を子が負担していかなくてはならないわけです。

また相続でもつまづきやすい要因がいくつもあります。

例えば、認知症になると遺言書は残せませんし、介護をしていた人が他の相続人から親の財産の使い込みを疑われることも少なくありません。

このようなことから争族、つまり家族内での争いへとつながっていきます。

民法から自由になる方法

これまで述べた落とし穴は、主に「民法」という法律に縛られているために起きるものですが、ある方法を採用することで民法から自由になり、自分たちで(家族内で)自由に親の財産管理のルールを決められるようになります。

これは一般に利用されはじめたのが平成19年からなので、まだあまり知られていないのですが、この方法なら親の介護と相続に関する落とし穴をまとめてスッキリと解決することが可能になります。

今回この画期的な方法についてレポート形式でまとめました。それが「民法から自由になって親の介護と相続の落とし穴を避ける方法」です。

レポートのイメージ

そして、このレポートをご希望の方には無料でプレゼントしています。このレポートはPDFファイルで作成しておりますので、お手持ちのスマホやPCからすぐにダウンロードしてお読みいただけます。

ご請求は以下にメールアドレスのみ入力していただき送信ボタンをクリックしてください。ご登録いただいたメールアドレスにダウンロードのご案内をお送り致します。